LINEモバイルの料金プランなど特徴をわかりやすく徹底解説!


LINEモバイルラボは、格安SIM「LINEモバイル」の特徴をわかりやすく解説しているサイトです。料金プランや支払い方法などなど、LINEモバイルに関する様々な情報を掲載しているので、気になる記事があればぜひチェックしていってくださいね。

▼公式サイトはこちら

LINEモバイルの特徴/選ばれる理由

LINEモバイルの格安SIM市場への参入は2016年9月と後発ながら、その知名度の高さと独自のサービスで着実にシェアを伸ばしている格安SIMになります。

いったいどんな特徴があるのか?

最近の格安SIMはLINEモバイルもそうですが、かけ放題やデータシェアなどスマホを使ううえでの基本的なサービスは網羅しているので、以下、他社格安SIMと比べてLINEモバイルが特に優位になってるものを紹介していきますね。

やはり「LINE」というだけあって、LINEアプリとの相性がバツグンです。

LINEアプリや主要SNSがデータフリー

プランによってデータフリー対象サービスが異なります(LINEアプリはどのプランでもデータフリーです)が、自分にあったプランを選ぶと、毎月の高速通信の容量をグッと減らしつつ、今までと同じように快適に利用できます。

なお、LINEモバイルで提供されている各プランの内容については、次の項目のLINEモバイルの料金プランにて詳しく紹介しています。

LINEアプリのID検索ができる

格安SIMに乗り換えたあと、LINEアプリのアカウントを新規取得したり、アカウントを引き継ぐとLINEアプリの便利な機能『ID検索』ができなくなります。

しかし、LINEモバイルは格安SIMで唯一、アカウントの新規取得や引き継ぎしてもLINEアプリのID検索ができる格安SIMになります。

なので、ID検索が必須!って方はLINEモバイル一択です。

LINEアプリで容易に管理できる

LINEモバイルはLINEアプリと連携できるようになっています。

連携すると、LINEアプリ上でデータ通信量を贈りあったり、残容量の確認、マイページへの移動など、LINEアプリ上でLINEモバイルの管理ができるようになるんですよね。

使い慣れたアプリでスマホの管理までできるということです。

LINEポイントが支払いに使える

LINE PayとかLINE関連のサービスを使っていたらちょこちょこ貯まるLINEポイント。キャンペーンとかでドサッと貰えるときもありますよね。

この貯まったLINEポイントは、LINEモバイルの月額基本利用料やユニバーサルサービス料の支払いに充てることができます。

フィルタリングアプリが無料

フィルタリングアプリとは、スマホの利用を監視・制限できるアプリで、お子さんにスマホを渡すときに役立つものです。

有料で提供している格安SIMが多い中、LINEモバイルは無料で提供しているんですよね。未成年の方の利用においても、メリットがある格安SIMだということです。

参考LINEモバイルはフィルタリングアプリが無料で使える!その詳細は?

▼公式サイトはこちら

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは以下の3種類あります。

・LINEフリープラン
・コミュニケーションフリープラン
・MUSIC+プラン

ちなみに、LINEモバイルではドコモ・au・ソフトバンクの3回線を提供していますが、料金やカウントフリー対象サービスの違いはありません。

LINEフリープラン


LINEフリープランは、「LINEアプリ」がデータフリーになるプランです。

LINEモバイルで最も安いプランで、SMSなしのデータSIMなら月500円で利用することができます。(選べる高速通信の容量は1GBのみ)

スマホの利用はほぼLINEアプリのみって方におすすめのプランになります。

■LINEフリープランの月額料金

[1GB]
・データSIM(SMSなし) → 500円
・データSIM(SMSあり) → 620円
・通話SIM → 1,200円

なお、SMSなしのデータSIMが選べるのはこのLINEフリープランだけ、かつドコモとソフトバンク回線を契約するときのみとなっています。

LINEフリープランのデータSIMにSMSをつけるか迷っている…って方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

参考LINEモバイルのデータSIMにSMSは必要?つけないと何か不都合ある?

コミュニケーションフリープラン


コミュニケーションフリープランは、「LINEアプリ」「Twitter」「Facebook」「Instagram」がデータフリーになるプランです。

上で紹介したLINEフリープランと違って、ひと月のデータ容量は「3GB/5GB/7GB/10GB」の4つから選ぶことができるようになっています。

LINEモバイルのスタンダードとも言える一番人気のプランで、LINEアプリはもちろん主要SNSをよく利用している方におすすめのプランになります。

■コミュニケーションフリープランの月額料金

【データSIM(SMSあり)】
・3GB → 1,110円
・5GB → 1,640円
・7GB → 2,300円
・10GB → 2,640円

【通話SIM】
・3GB → 1,690円
・5GB → 2,220円
・7GB → 2,880円
・10GB → 3,220円

MUSIC+プラン


MUSIC+プランは、「LINEアプリ」「Twitter」「Facebook」「Instagram」に加えて「LINE MUSIC」もデータフリーになるプランです。

■MUSIC+プランの月額料金

【データSIM(SMSあり)】
・3GB → 1,810円
・5GB → 2,140円
・7GB → 2,700円
・10GB → 2,940円

【通話SIM】
・3GB → 2,390円
・5GB → 2,720円
・7GB → 3,280円
・10GB → 3,520円

【要注意】LINE MUSICの利用は別料金
ご覧のとおり、LINE MUSICがデータフリー対象に追加されている分、月額料金が他のプランより高くなっています。しかし、この料金だけでLINE MUSICが使い放題になるわけではないのでご注意ください。

どういうことなのか?というと、上記のLINEモバイルのプラン料金とは別に、LINE MUSICの利用自体にオプション代『月750円』が発生するんですよね。あくまで、LINE MUSICで消費するデータ通信量がデータフリーになるというだけになります。

とはいえ、LINEモバイルではLINE MUSICをお得に利用できるというメリットもあるので、あわせて紹介しますね。

【Check】LINEモバイルならでは!LINE MUSIC利用の際の特典
LINEモバイルでは、本来「月889円」かかるLINE MUSICの月額料金が、上で紹介したように『月750円』で利用できるようになっています。

また、加入するタイミングによって、さらに以下の特典もついてきます。

▼LINEモバイルの申し込みと同時に加入する
・初月と2ヶ月目が無料
・3~6ヶ月目まで月500円

▼あとから加入する
・初月無料

▼公式サイトはこちら

LINEモバイルのドコモ回線とau回線とソフトバンク回線の違い

続いて、LINEモバイルのドコモ・au・ソフトバンク回線の違いです。

料金やデータフリー対象サービスが同じドコモ・au・ソフトバンク回線なんですが、何が違うのか?というと、基本的に大手キャリア「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の違いが、そのままLINEモバイルにおいても違いとなって表れています

細かい違いについては、LINEモバイル公式サイトでチェックしてみてくださいね。わかりやすくまとめられています。
⇒ 回線ごとの違い(LINEモバイル公式)

以下、回線選びの決め手になりうる特に重要な違いとLINEモバイルならではの3キャリアの違いを紹介していきますね。

使える端末が回線によって違う

大手キャリアによって回線の周波数が違います。そして受信する周波数もスマホ端末によって異なります。

そのため、使える端末が回線によって違うんですよね。

2019年7月現在、LINEモバイルで販売されているスマホ端末は全ての回線で使えるものしか提供されていませんが、他で購入した端末を使う場合は、どの回線で使えるものか公式サイトの動作確認済み端末をチェックしてから、該当する回線のプランに申し込むようにしましょう。

通信速度が違う

LINEモバイルが安い料金で3キャリアの回線が使えるのは、端的に書くと、3キャリアから必要な分だけ回線を借りているからです。通信設備を持ってない分、諸々のコストも抑えられているんですよね。

で、LINEモバイルはユーザーの増加に伴い、通信速度が極端に遅くならないように借りてる回線を増やしています(回線増強しています)が、回線ごとにユーザー数が違えば、回線の太さも違うことから通信速度に差があるというわけです。

ちなみに、LINEモバイルで最も通信速度が速いのはソフトバンク回線です。ソフトバンクの子会社なだけあってソフトバンク回線に特に力を入れているんですよね。

なので、通信速度を最重要視している!って方はソフトバンク回線がおすすめです。

データ容量の追加購入が違う

データ容量を使い過ぎて足りなくなった…ってときにデータ容量を追加購入する際、LINEモバイルでは回線によって以下のような違いがあります。

■ドコモ回線の場合
0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)を、1ヶ月で合計3回まで購入できる

■au回線やソフトバンク回線の場合
0.5GB(500円)、1GB(1,000円)を、1ヶ月で合計10回まで購入できる

▼公式サイトはこちら

LINEモバイルのデータシェアサービス「データプレゼント」

LINEモバイルでは『データプレゼント』という機能を使えば、データ容量をLINEモバイルユーザー同士でシェアすることができます。

どういったサービスなのか?端的に書くと、個別にLINEモバイルを契約している方同士で、当月中にLINEアプリ上からデータ容量をシェアできるというものです。

1つの契約のデータ容量を分け合うものじゃないので、各自契約しているデータ容量は確保されますし、「当月中」ということで、使い過ぎて通信制限されそう/されたってとき、シェアしてくれる相手さえいればすぐ対応できるんですよね。

なお、同じ回線同士だけでなく、ドコモ回線とソフトバンク回線といった異なる回線間でもデータプレゼントが可能(*1)になっています。

(*1)2019年5月現在、au回線についてはデータプレゼント自体不可になっていますが、2019年の初夏に対応予定です。

データプレゼントの利用方法

データプレゼントの利用料は無料です。LINEモバイルユーザーなら『利用者連携』すれば、誰でも使えるようになります。

■利用者連携する方法

【1】LINEモバイルのマイページにログインする

【2】「契約情報」の中にある「利用コード(16桁のコード)」をメモする

【3】LINEアプリを起動

【4】LINEモバイル公式アカウントを友達に追加しトークを開く

【5】『利用者連携』という項目が目立つところにあるのでタップ

【6】メモした「利用コード」入力する

【7】完了

利用者連携したら、LINEモバイル公式アカウントとのトーク画面が、LINEアプリ上でのLINEモバイルのメニューになります。

で、LINEモバイルのメニューの中に「データプレゼント」という項目があるので、それをタップすると、データプレゼントできる相手が表示されるので、選択して贈るだけという流れになります。

受け取る側については、データ容量を受け取るとLINEモバイル公式アカウントからメッセージが届くだけです。ただ、データプレゼントを利用するには、受け取る側も利用者連携している必要があるということを覚えておいてくださいね。

データプレゼントで贈れるデータ容量の単位と上限

■贈れるデータ容量の単位
データプレゼントで贈る際のデータ容量の単位はあらかじめ決められています。以下から選択して贈ることになります。

・500MB
・1,000MB
・1,500MB
・2,000MB
・2,500MB

■贈れるデータ容量の上限
データプレゼントで贈れるデータ容量の上限は、契約プランの当月のデータ残容量分です。

つまり、回数に制限はなく、契約プランの当月のデータ残容量があれば、上で紹介した単位で何回でも贈れるということです。

データプレゼントで贈れないデータ容量

データプレゼントで贈れるデータ容量は、契約プランの当月に付与されたデータ容量の残容量のみです。それ以外のデータ容量は、たとえ余っていてもシェアできないんですよね。

ちなみに、他にどんなものがあるのか?というと以下です。

■データプレゼントで贈れないデータ容量
・前月から繰り越しされたデータ容量
・データプレゼントで受け取ったデータ容量
・追加購入したデータ容量

LINEモバイルのデータプレゼントの注意点

LINEモバイルも他社格安SIMと同様、データ容量が余れば翌月に繰り越しされます。

しかし、データプレゼントで受け取ったデータ容量は、余っても翌月に繰り越しされないようになるんですよね。

月末近くのデータ容量が不足しがちのときは、データプレゼントが大いに役立ちますが、本来余れば翌月に繰り越しされるはずだったデータ容量が繰り越しされなくなるので、もらい過ぎにはご注意くださいね。

【参考情報】データ容量の消費される順番
最後に、データ容量の消費される順番についてですが、LINEモバイルでは翌月に繰り越しされないデータ容量から優先して消費されるようになっています。

ただ、翌月に繰り越しされないデータ容量が2つあるんですよね。

1つは上で紹介した『データプレゼントでもらったデータ容量』です。もう1つは?というと『前月から繰り越しされたデータ容量』です。他社格安SIMと同様、一度繰り越しされたデータ容量は再度繰り越しされないようになっています。

で、上記の2つではどっちから先に消費されるの?というと「前月から繰り越しされたデータ容量」から消費されます

そもそも前月の余りがある状態ならデータプレゼントでもらう必要もないかと思います。

しかし、知らなくてデータプレゼントでデータ容量をもらってしまったがために、翌月に繰り越しされず消滅した…ってことにならないように、「前月から繰り越しされたデータ容量」の次に消費されるということを頭に入れておいてください。

▼公式サイトはこちら

LINEモバイルの支払い方法

LINEモバイルの支払い方法は以下の3種類あります。

クレジットカード
LINE Pay(クレジットカード登録要)
LINE Payカード

クレジットカード以外にも「LINE Pay」や「LINE Payカード」がLINEモバイルの支払い方法として使えるんですよね。

といっても、LINE PayをLINEモバイルの支払いに設定するには、クレジットカードの登録が必要になるので、クレジットカードを持ってない方がLINEモバイルを契約するには、LINE Payカードを利用することになります

なお、クレジットカード払いについては、使えるのは本人名義のクレジットカードに限るというぐらいで、他にこれといって特筆すべき点がないので、以下「LINE Pay」と「LINE Payカード」、この2つの支払い方法について詳しく紹介していきますね。

【追記】LINEポイントでの支払いが可能に
「LINE Pay」と「LINE Payカード」の詳しい紹介の前にちょっと追記です。—

2018年8月より、LINEモバイルの『月額基本利用料』と『ユニバーサルサービス料』にLINEポイントが直接使えるようになりました。使い方は?というと、マイページの「支払方法・ポイント利用」から消費するポイントを設定するだけになります。

以前も使おうと思えば使えたんですが、LINE Payを介さないといけなかったんですよね。これで手軽にLINEモバイルの支払いにLINEポイントが使えるようになりました。

—追記終わりです。

LINEモバイルの支払い方法『LINE Pay』

LINE PayとはLINEの決済サービスです。

■LINE Payを使えるようにするには
どうやったら使えるようになるのか?というと、LINEアプリのウォレットを開いたら、目立つところに「LINE Payをはじめる」と表示されているので、それをタップして新規登録するだけです。簡単なものなんですよね。

で、LINE Payを使えるようにすると、事前にチャージしたお金で支払ったり、クレジットカードを登録したらそのクレジットカードで支払ったりできるようになるという仕組みです。

■LINE Payの決済方法は3つ
そんなLINE Payなんですが、決済方法は以下の3つあります。

LINE Payカード
コード決済
LINE Pay決済

つまり、ちょっとややこしいですが、LINEモバイルの支払い方法の1つ「LINE Payカード」はLINE Payの決済方法の1つということです。

そしてLINE Payカードはクレジットカードなしで作れるので、それを支払いに使えるLINEモバイルはクレジットカードなしで契約できるというわけです。

■LINEモバイルの支払い方法をLINE Payにする方法
上のほうでチラッと書いたように、LINE Payにクレジットカードを登録すると、LINEモバイルの支払いに『LINE Pay決済』が使えるようになります。

その際、どうやってLINEモバイルの支払いに設定するのか?というと、LINEモバイルの申し込みを進めていったら、支払い方法の項目でLINE Payが選択できるので選ぶだけです。

LINEモバイルの支払い方法『LINE Payカード』

LINE Payの決済方法の1つであるLINE Payカードは、具体的にはどんなカードなの?というと、JCB加盟店で使えるチャージ式のプリペイドカードになります。

■LINE Payカードを使えるようにするには
LINE Payカードを作ってLINE Payで利用登録するだけです。

LINE Payカードにはセキュリティコード(3桁の番号)が記載されてるので、LINE Payでその番号を入力すると使えるようになります

■LINE Payカードの入手方法
LINE PayカードはLINEアプリのウォレットから簡単に申し込めます。

ちなみに、LINE Payカードには、「バーチャルカード」と「プラスチックカード」の2種類のカードがあるんですが

・バーチャルカード → オンライン上でのみ使える
・プラスチックカード → オンライン上だけでなく店舗でも使える

プラスチックカードは手元に届くまで1~2週間かかるので、クレジットカードなしでLINEモバイルをすぐ契約したい!って方は、即時発行できるバーチャルカードがおすすめです。

但し、後日やっぱりプラスチックカードが必要!ってなったとき、申し込んでからプラスチックカードが手元に届くまでの間、安全のためバーチャルカードは使えなくなる(一時的に利用停止の解除は可能)ということを覚えておいてくださいね。

■LINEモバイルの支払い方法をLINE Payカードにする方法
これはクレジットカード払いと同じです。

LINEモバイルの支払い方法を入力する項目で、クレジットカード番号を入力するところにLINE Payカードの番号を入力するだけになります。

名義については、LINE Payカードには『LINE MEMBER』と書かれていますが、そのまま入力せず、クレジットカードで申し込むときと同じように、LINEモバイルの契約者のお名前をローマ字で入力してください。

■支払い方法をLINE Payカードにするときの注意点
注意点は、残高不足が続くとLINEモバイルが使えなくなるという点です。なので、LINE Payカードの残高は余裕をもたせるようにしましょう。

なお、LINE Payカードへのチャージ方法は「コンビニ・銀行から振込み」や「ローソンのレジから」など、いろんな方法があるんですが、LINEモバイルの支払いに使うときは『オートチャージ』がおすすめです。

オートチャージとは、あらかじめ設定した残高を下回ると、登録した銀行口座から自動的にチャージしてくれる、という機能です。チャージする金額も自由に設定できるんですよね。

例えば、LINEモバイルの540円(税込)のプランを契約した場合、540円がLINE Payカードのチャージ残高から毎月支払われます。

で、オートチャージ機能を使って『チャージ残高が1,000円以下になると1,000円チャージする』というように設定しておくと、1,000円以下になった時点で口座から自動で1,000円チャージしてくれるというわけです。

いちいちチャージする手間がなくてチャージ忘れも防げるし、まるでLINEモバイルの支払いをデビットカードや口座振替に設定したようになります

▼公式サイトはこちら

その他、LINEモバイルの基礎知識

通話料

■通話料
参考LINEモバイルの通話料を解説。「いつでも電話」や「かけ放題」の詳細は?

\今月のキャンペーン情報/