LINEモバイルはフィルタリングアプリが無料で使える!その詳細は?

LINEモバイルは、デジタルアーツ社のフィルタリングアプリ「i-フィルター」が無料で利用できる格安SIMです。

この記事では、フィルタリングアプリ「i-フィルター」の紹介とともに、LINEモバイルで「i-フィルター」を利用する方法をわかりやすく解説していきますので、お子さんのスマホとして、LINEモバイルの契約を検討中の方の参考になればと思います。

フィルタリングアプリ「i-フィルター」とは

「i-フィルター」は、NECや富士通など大手メーカーのPCに標準搭載されていたり、多くの学校でも使われていたりと、家庭向けのシェアNo.1になっているフィルタリングソフトです。

そして他社格安SIMだと有料オプション、また、デジタルアーツ社で購入する場合でも月360円かかってくるものなんですよね。

無料だと大した機能がついてないと思われがちですが、『LINEモバイルだから無料で使える』というだけで「i-フィルター」は優秀なフィルタリングアプリなので、ご安心くださいね。

フィルタリングアプリ「i-フィルター」の主な機能

「i-フィルター」は人気のフィルタリングアプリというだけあって、機能も充実しています。主なものは以下です。

・ネットの利用時間を制限できるので使いすぎを防止できる
・利用状況がわかる(閲覧したサイトだけでなく検索した単語も)
・閲覧できるサイトを指定できるし、利用できるアプリも制限できる
・位置情報や発着信履歴を確認できる(Android端末のみ)

ようは、お子さんのスマホ利用を親がほぼ完ぺきにコントロール、かつ把握できる代物ということです。親としては、たとえ小さいお子さんでも安心してスマホを渡せるようになります。

ただ、子供からしたら、かなり嫌なアプリなんですよね。

現に、Google Playでの評価がめちゃくちゃ低くなっています。評価する方のほとんどがアプリを入れられてるお子さん側なので…ということです。

LINEモバイルで「i-フィルター」を無料で利用する方法

「i-フィルター」は普通に使うと有料なので、無料で使うには『シリアルID』というものを入力してから利用することになります。

利用開始までの流れは以下です。

【1】LINEモバイルのマイページから申し込む

LINEモバイルのマイページにログインしたら「プラン・オプション」という項目があるので、そこから「フィルタリングアプリ」→「変更する」→「利用する」と進んでいくと『フィルタリングアプリコード』というものが発行されます。

これがi-フィルターで入力するシリアルIDになります。なお、一度発行するといつでもLINEモバイルのマイページで確認することができますよ。

【2】フィルタリングアプリ「i-フィルター」をインストールする

i-フィルターを利用端末にインストールします。i-フィルターのダウンロードページは以下です。
⇒ i-フィルターのダウンロードページ

【3】「i-フィルター」を起動してシリアルIDを入力する

i-フィルターを起動するとシリアルIDを入力する項目があるので、そこに「フィルタリングアプリコード」を入力すると完了です。

これでLINEモバイルにてi-フィルターが無料で利用できるようになります。

LINEモバイルのフィルタリングアプリを活用しよう

以上、LINEモバイルのフィルタリングアプリについてでした。

▼公式サイトはこちら

ちなみに、法律にて、保護者の方は、18歳未満のお子さんのスマホ利用を管理・把握するよう努力する義務が課されています

LINEモバイルでは親の同意があれば(フィルタリングアプリなしでもお子さんのスマホ利用を管理できるのであれば)利用しなくてもOKですが、格安SIMによっては18歳未満の方が使う場合はフィルタリングアプリが必須なところもあります。

それほど18歳未満の方のスマホ利用において、フィルタリングアプリは重要な存在なんですよね。そして、親からしたら、かなり便利なものになります。

LINEモバイルはフィルタリングアプリが無料!ということで料金面でのデメリットがないので、18歳未満のお子さんにスマホを渡す際はぜひ活用してみてくださいね。

未成年でLINEモバイルを使う方法と注意点については別記事で解説しています。

参考LINEモバイルの未成年契約を解説。未成年で使う方法や注意点とは?

\今月のキャンペーン情報/