LINEモバイルの料金プランを解説。プランの詳細や回線ごとの違いは?

この記事では、LINEモバイルの料金プランについてわかりやすく解説していきます。

LINEモバイルを契約するにあたって、どのプランにしようかな…と悩んでる方の参考になればと思います。

LINEモバイルの料金プランは3種類

LINEモバイルの料金プランには、「特定のサービスがデータ通信量を気にせず使い放題」というデータフリー(旧:カウントフリー)機能が標準搭載されています

そして、プランによってデータフリー対象サービスが異なるという仕様なんですよね。料金プランの種類は以下の3つです。

・LINEフリープラン
・コミュニケーションフリープラン
・MUSIC+プラン

ちなみに、LINEモバイルではドコモ・au・ソフトバンクの3回線を提供していますが、料金やカウントフリー対象サービスの違いはありません。

LINEモバイルの料金プラン『LINEフリープラン』


LINEフリープランは、「LINEアプリ」がデータフリーになるプランです。

LINEモバイルで最も安いプランで、SMSなしのデータSIMなら月500円で利用することができます。(選べる高速通信の容量は1GBのみ)

スマホの利用はほぼLINEアプリのみって方におすすめのプランになります。

■LINEフリープランの月額料金

[1GB]
・データSIM(SMSなし) → 500円
・データSIM(SMSあり) → 620円
・通話SIM → 1,200円

なお、SMSなしのデータSIMが選べるのはこのLINEフリープランだけ、かつドコモとソフトバンク回線を契約するときのみとなっています。

LINEフリープランのデータSIMにSMSをつけるか迷っている…って方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

参考LINEモバイルのデータSIMにSMSは必要?つけないと何か不都合ある?

LINEモバイルの料金プラン『コミュニケーションフリープラン』


コミュニケーションフリープランは、「LINEアプリ」「Twitter」「Facebook」「Instagram」がデータフリーになるプランです。

上で紹介したLINEフリープランと違って、ひと月のデータ容量は「3GB/5GB/7GB/10GB」の4つから選ぶことができるようになっています。

LINEモバイルのスタンダードとも言える一番人気のプランで、LINEアプリはもちろん主要SNSをよく利用している方におすすめのプランになります。

■コミュニケーションフリープランの月額料金

【データSIM(SMSあり)】
・3GB → 1,110円
・5GB → 1,640円
・7GB → 2,300円
・10GB → 2,640円

【通話SIM】
・3GB → 1,690円
・5GB → 2,220円
・7GB → 2,880円
・10GB → 3,220円

LINEモバイルの料金プラン『MUSIC+プラン』


MUSIC+プランは、「LINEアプリ」「Twitter」「Facebook」「Instagram」に加えて「LINE MUSIC」もデータフリーになるプランです。

■MUSIC+プランの月額料金

【データSIM(SMSあり)】
・3GB → 1,810円
・5GB → 2,140円
・7GB → 2,700円
・10GB → 2,940円

【通話SIM】
・3GB → 2,390円
・5GB → 2,720円
・7GB → 3,280円
・10GB → 3,520円

【要注意】LINE MUSICの利用は別料金

ご覧のとおり、LINE MUSICがデータフリー対象に追加されている分、月額料金が他のプランより高くなっています。しかし、この料金だけでLINE MUSICが使い放題になるわけではないのでご注意ください。

どういうことなのか?というと、上記のLINEモバイルのプラン料金とは別に、LINE MUSICの利用自体にオプション代『月750円』が発生するんですよね。あくまで、LINE MUSICで消費するデータ通信量がデータフリーになるというだけになります。

とはいえ、LINEモバイルではLINE MUSICをお得に利用できるというメリットもあるので、あわせて紹介しますね。

■LINEモバイルならでは!LINE MUSIC利用の際の特典
LINEモバイルでは、本来「月889円」かかるLINE MUSICの月額料金が、上で紹介したように『月750円』で利用できるようになっています。

また、加入するタイミングによって、さらに以下の特典もついてきます。

▼LINEモバイルの申し込みと同時に加入する
・初月と2ヶ月目が無料
・3~6ヶ月目まで月500円

▼あとから加入する
・初月無料

▼公式サイトはこちら

LINEモバイルのドコモ回線とau回線とソフトバンク回線の違い

続いて、LINEモバイルのドコモ・au・ソフトバンク回線の違いです。

料金やデータフリー対象サービスが同じドコモ・au・ソフトバンク回線なんですが、何が違うのか?というと、基本的に大手キャリア「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の違いが、そのままLINEモバイルにおいても違いとなって表れています

細かい違いについては、LINEモバイル公式サイトでチェックしてみてくださいね。わかりやすくまとめられています。
⇒ 回線ごとの違い(LINEモバイル公式)

以下、回線選びの決め手になりうる特に重要な違いとLINEモバイルならではの3キャリアの違いを紹介していきますね。

使える端末が回線によって違う

大手キャリアによって回線の周波数が違います。そして受信する周波数もスマホ端末によって異なります。

そのため、使える端末が回線によって違うんですよね。

2019年5月現在、LINEモバイルで販売されているスマホ端末は全ての回線で使えるものしか提供されていませんが、他で購入した端末を使う場合は、どの回線で使えるものか公式サイトの動作確認済み端末をチェックしてから、該当する回線のプランに申し込むようにしましょう。

通信速度が違う

LINEモバイルが安い料金で3キャリアの回線が使えるのは、端的に書くと、3キャリアから必要な分だけ回線を借りているからです。通信設備を持ってない分、諸々のコストも抑えられているんですよね。

で、LINEモバイルはユーザーの増加に伴い、通信速度が極端に遅くならないように借りてる回線を増やしています(回線増強しています)が、回線ごとにユーザー数が違えば、回線の太さも違うことから通信速度に差があるというわけです。

ちなみに、LINEモバイルで最も通信速度が速いのはソフトバンク回線です。ソフトバンクの子会社なだけあってソフトバンク回線に特に力を入れているんですよね。

なので、通信速度を最重要視している!って方はソフトバンク回線がおすすめです。

データ容量の追加購入が違う

データ容量を使い過ぎて足りなくなった…ってときにデータ容量を追加購入する際、LINEモバイルでは回線によって以下のような違いがあります。

■ドコモ回線の場合
0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)を、1ヶ月で合計3回まで購入できる

■au回線やソフトバンク回線の場合
0.5GB(500円)、1GB(1,000円)を、1ヶ月で合計10回まで購入できる

LINEモバイルの料金プランまとめ

以上、LINEモバイルの料金プランについてでした。

▼公式サイトはこちら

回線が3つあるのでなんかややこしく感じますが、料金プランはいたってシンプルなんですよね。ぜひ自分に合ったプラン/回線を選んでくださいね。

\今月のキャンペーン情報/