LINEモバイルのデータSIMにSMSは必要?つけないと何か不都合ある?

他の格安SIMにはないLINEモバイルならでは特徴として、LINEアプリのアカウントをSMS認証なしで新規作成することができるというものがあります。

格安SIMでSMS認証といえば、LINEアカウントを新規作成するときの話題がよくあがるので『じゃLINEモバイルにはSMS機能つけなくてもいいのでは…?』って気がするんですが、はたしてそうなのか。

この記事では、LINEモバイルにはSMS機能が必要なのか考察していきます。

SMSあり/なしを選べるのはLINEフリープランだけ

そもそもLINEモバイルでSMSあり/なしを選べるのは、LINEフリープランだけです。

通話SIMにはSMSが必ずついてますし、コミュニケーションフリープランやMUSIC+プランのデータSIMにはもれなくSMSがついてきます。

つまり、LINEモバイルにはSMSが必要か?という話は、LINEフリープランのデータSIMを検討中の方限定の話(*1)ということです。

(*1)2019年4月、LINEモバイルはau回線の提供も開始しましたが、au回線ではLINEフリープランでもSMSなしのデータSIMを提供していません。そのため、SMSの有無を考えるのはドコモとソフトバンク回線、かつLINEフリープランを検討中の方になります。

で、LINEフリープランのデータSIMは、SMSありのほうがSMSなしに比べて月額料金が『120円』高くなる、というわかりやすいデメリットがあるんですよね。

SMS機能をつけるメリットとなかったら困ること

LINEモバイルにSMS機能が必要かどうか判断するには、SMSをつけるメリットとなかったら困ることを知る必要があるので、主なものを紹介しますね。

SMS機能をつけるメリット

■メールが届かない相手にメッセージを送れる
LINEモバイルではメールアドレスの提供はないので、メールを使いたい方は「Gmail」などのフリーメールを利用することになります。

ただ、フリーメールはPCメールなので、大手キャリアを利用している方にメールを送ると迷惑メール扱いされて届かない場合があるんですよね。

そんなとき役立つのがSMSになります。

相手の電話番号さえわかればSMS送信できるので、メールが送れない…、さらにはLINEを使ってないって方にも、手軽にメッセージを送ることができます

1通送信につき国内だと文字数によって「3円~30円」のSMS送信料がかかってきますが、頻繁にやりとりする相手じゃなければ十分メールの代用になるんですよね。

なお、文字数に対するSMS料金については、LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンク回線を利用しているので大手キャリア「ドコモ」「au」「ソフトバンク」と同じになっています。

契約するLINEモバイルの回線ごとのSMS送信料が気になる方はそれぞれの公式サイトをチェックしてみてくださいね。
⇒ SMS送信料(ドコモ公式)
⇒ SMS送信料(au公式)
⇒ SMS送信料(ソフトバンク公式)

■SMS認証を突破できる
LINEモバイルはSMSなしでもLINEアプリのSMS認証を突破できますが、当然ながら、SMS認証を採用してるのはLINEアプリだけではありません。

SMSをつけると他のサイトやアプリのSMS認証も突破できるということです。

SMS機能がなかったら困ること

■電池の減りが早くなるかもしれない
SMS機能がついてないSIMカードをスマホに差し込むと電池の減りが早くなる場合があります。これは『セルフスタンバイ問題』というものです。

新しいスマホ端末ではセルフスタンバイ問題が起こる端末はほとんどなくなってきてるそうですが、こればっかりは端末によるんですよね。

なので、もしSMSなしのデータSIMを利用する場合は、利用予定のスマホ端末でセルフスタンバイ問題の情報がないか調べておくようにしましょう。

LINEモバイルにSMS機能は必要?

では、LINEモバイルにSMS機能をつけるべきかどうか、上記をふまえたうえで個人的な考えを申しますと「基本的にSMSは不要、迷うならつけるべき」です。

基本的にLINEモバイルにSMSは不要な理由

再度書きますが、LINEモバイルでSMSあり/なしを選べるのはLINEフリープランのみです。

LINEフリープランを簡単に説明すると『LINEアプリがカウントフリーで使い放題、そして契約できるデータ通信量は1GBのみ』というプランです。

■LINEフリープランのデータSIMの料金
・データSIM(SMSなし) → 月500円
・データSIM(SMSあり) → 月620円

参考LINEモバイルの料金プランを解説。プランの詳細や回線ごとの違いは?

ようは、めっちゃ安くてLINEアプリが使い放題!というプランなんですよね。月500円でLINEアプリ使い放題は、はっきり言って魅力的です。

上記のことから、LINEアプリ専用機として使うなら、SMSなしで起こる不都合とか気にせず1円でも安いSMSなしのデータSIMを契約したほうがいいんじゃないかという見解です。

迷うならSMSはつけたほうがいい理由

「SMS機能が必要になるかもしれない」「LINEモバイルの他のプランに変更するかもしれない」少しでもこう思うなら、SMSをつけたほうがいいと思います。

というのは、LINEモバイルではサービスタイプの変更ができないんですよね。

■LINEモバイルのサービスタイプ
・データSIM(SMSなし)
・データSIM(SMSあり)
・通話SIM

これはどういうことなのか?というと、いざSMSが必要だと思っても、気軽にSMSなし→ありに変更できないということです。

ちなみに、同じサービスタイプ同士ならプラン変更は手数料無料でサクッとできるんですが、データSIM(SMSなし)はLINEフリープランしか提供していないので、変更できるプラン自体がないんですよね。

どうしても他のプランに変更したい!ってときは、解約して再契約するしかありません。データSIMには最低利用期間がないので解約違約金は発生しませんが、再契約するときには当然ながら初期費用がまたかかってくることになります。

■LINEモバイルの初期費用
参考LINEモバイルの初期費用を解説。いくらかかる?お得に契約するには?

■LINEモバイルの解約
参考LINEモバイルの解約について解説。解約方法や最低利用期間,違約金は?

上記のことから、SMSなし→SMSありの変更は、手間だし手数料もかかるので、どうするか迷っているならSMSをつけておいたほうが無難という見解です。

SMS機能をつけておけば、コミュニケーションフリープランやMUSIC+プランに、あとから簡単に変更できます。

まとめ

以上、LINEモバイルにはSMS機能が必要なのかという考察でした。

▼公式サイトはこちら

LINEフリープランのデータSIMを検討中の方で、SMSをつけるかつけないかで悩んでる方の参考になればと思います。

\今月のキャンペーン情報/